忍者ブログ
IDPCは、「国際開発を志す若者の為のプラットフォームとなる」ことを目指し、 国際協力を志す方に、必要な能力や視座を学ぶ機会を提供する学生団体です。http://idpc.weblike.jp/top/
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

みなさんお久しぶりです!
IDPC関東の佐藤です、久しぶりの投稿となってしまいました…

 

突然ですがみなさん、今日9月3日は何の日か知っていますか?
グミの日とか、口コミの日とかクエン酸の日とか、いろいろあるみたいですが…実はカタールの独立記念日です。

1971年の9月3日にイギリスからカタールが独立したそうです。

 

カタールと言えば何を思い浮かべるでしょうか。

2022年にW杯開催を控えます!サッカーに詳しい方にとってはお馴染みの国かもしれません…
しかしそんなカタールでの開催が疑問視され、日本開催になるかもとの報道も
正直私は反対です…


その理由を述べる前にまずはカタールとはどんな国なのでしょうか?

 

原油や天然ガスを資源にもつ国であり、名目GDPではルクセンブルクに次ぐ、世界第3位です。しかし1位のルクセンブルク、2位のノルウェーとも大きな差はなく、近年は1〜3位を行ったり来たりしている状況です。
IMF http://www.imf.org/external/ns/cs.aspx?id=28

 

また世界一お金持ちの国と呼ばれるほどたいへん裕福な国で、医療費や大学の学費、電気代まで無料です。

 さらに外務省のホームページをみるとカタールは全体的に治安も良い安全な国であると言えそうです。(中東=危険というイメージがあったのですが、そんなことはないようです。)
外務省 海外安全ホームページ
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=48#ad-image-0

 

 

さてそんな裕福で安全なカタール。

 

ですが、その陰で外国人労働者の強制労働が問題となっているようです。

2022年のW杯開催にあたり急ピッチで進められているインフラ整備やスタジアム建設等では過労死が出るなど問題が一時期日本でも話題となった問題ですが、それ以前にも多くの外国人労働者の強制労働は起きていたようです。
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
http://www.amnesty.or.jp/news/2014/0424_4562.html

 

カタールの労働力のおよそ9割は外国人移住労働者と言われており、まだ明るみに出ていない問題も数多くあるとも…。
問題の原因としてはカタールの労働基準を定める法律あると言われています。
ILOの勧告も一部しか取り入れられませんでした。
国際労働機関
http://www.ilo.org/tokyo/information/pr/WCMS_236908/lang--ja/index.htm

 

 

 比較的治安も安定していて、福祉制度も整っているその一方で外国人労働者の問題が起こっている。さらにW杯という世界的なイベントを控えているカタール。これってどこかの国似ていませんか?

 

 

……そうです、日本です。
日本国内ではほとんど話題になっていませんが、日本も外国人労働者に問題を抱える国なのです。

 
まずアベノミクスの成長戦略の一つとして外国人労働者受け入れ拡大がかかげられています。日本の場合は諸外国に比べ、外国人労働者にとって働きやすい環境が整っていると考えられています。しかしながら、リーマンショックによって多くの外国人労働者が働き場をなくしたという過去があります。
ロイター
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GF0F420140815

 

 

また外国のような強制労働はないと考えるかもしれませんが、
日本ではブラック企業と呼ばれ、不当に社員を働かせる企業が存在し、
多くの過労死をうみだしています。このような現状を考えると外国人労働者への強制労働があってもなんら不思議はありません。

 

さらに強制労働を引き起こす人身取引も日本では盛んに行われており先進国では最低ランクに位置づけられています。おもな要因としては売春や児童ポルノだと言われていますが、アベノミクスの外国人労働者の積極的受け入れが強制労働を引き起こすのではと懸念されています…
2014年人身取引報告書(米国大使館HPより)
http://japanese.japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20140718-01.html

人身取引被害者サポートセンター ライトハウス
http://lhj.jp/hot-topics/2014/06/21/1849

 

 

カタールの話をしていたはずがいつの間にか日本の話となってしまいました、、、

ただこのように日本も人ごとではなく、カタールと同様に外国人労働者の問題を抱えているということです。

少子高齢化という社会問題を抱える日本にとって若者の労働力というのを重要です。それを外国人労働者で補うというのも考え方の一つしてあり得るのかもしれません。

しかしながらこれらの課題を少しでも解決できなければ、外国人労働者は来ないと思いますし、来なければ日本の国力はどんどん低下していくでしょう。

 

 

今W杯の開催国がたとえ日本になったとしても、対策がとられず、問題が改善されなければこのイベントがカタールで起こっているような強制労働や、日本で起こっている人身売買を助長してしまうかもしれません。

というわけで今W杯の日本開催には反対なのです。

 

みなさんはオリンピックやW杯の陰でこのような問題が起こっていることを知っていましたか?
またどう感じますか?

外国で起こっている問題から改めて日本を見直してみる、これは大事な視点だと思います。
国際開発と聞くとどうしても海外ばかりに目が行きがちですが、ぜひ日本で起こっている問題(開発課題)にも目を向けてみてください。



話が長くなってしまいましたが、今回はこの辺で^^

PR
どうも、関西スタッフの村上です。
半年ぶりのブログになります。


シンガポールに来てから9か月が経ちました。
9か月となると、やはり旅行などで来ているだけでは分からないことも見えてきます。
ということで、今回はシンガポール裏ネタ ー 人身売買 ー についてお話できればと思います。

私たち先進国の消費者は直接「人身売買」に携わってることは少ないですが、
実は気付かぬうちに、「人身売買」ビジネスに貢献していたりする場合が多々あります。
また「人身売買」をしているという自覚がないまま「人身売買」をしている可能性もあります。

そういった視点から最近シンガポールでの人身売買問題について考えていて、
知らないっていうことは大きな罪だな〜と思ったのと
また、シンガポールだけでなく日本でも同じようなことが言えるのかな?と思い、
今回この記事を書くことに決めました。
少し長いですが、最後まで読んでいただけると幸いです。


シンガポールでの「人身売買」問題。
基本的には皆があまり口にしない、いわゆるタブーな話題ではあるんですが、
シンガポールには様々な形で人身売買の被害に遭っている人達がいます。

例えば、、、
「漁夫」ー 船(海上)に1年ほど閉じ込められ、給料を全く支払われないケースがあったり
「性的搾取」ー シンガポールに連れてこられ、強制的に性的奴隷(売春)をされられるケースもあります。
(↑日本では性的搾取が大きな問題かと思います。)
しかしながら、シンガポールで一番大きい問題は「出稼ぎ労働者」のケースだそうです。
「出稼ぎ労働者」ということで、普段は「人身売買」問題として捉えられないケースですが、詳しく実態を知ることで改めて「人身売買」を考えるキッカケになるかと思います。

シンガポールでは大々的に出稼ぎ労働者を受け入れています。
基本的には政府容認で行われている訳ですが、実際その待遇を聞いてみると、かなりひどい扱いを受けており、今ではいくつかの人身売買に取り組む団体がこの問題を重点に活動をしています。

シンガポールでの出稼ぎ労働者の大部分はバングラデシュからの出稼ぎで、主に建設作業員として働きます。
早朝から夜遅くまで、週末も祝日も関係なく炎天下の中働かされます。
部屋を借りるお金もない彼らは建設現場の悪環境の中に住み、一日中働きます。
実際、大学内でも街中でもバングラデシュ人の労働者が至る所で早朝から夜遅くまで働いている姿を見掛けます。
しかし、彼らにはそんな状況下でも働かなければならない理由がいくつかあります。

まず、彼らは仲介業者に何十万という借金を返さなければいけません。
仲介会社はシンガポールで働きたいバングラデシュ人に対して、仲介手数料として何十万(平均50〜70万ほど)というお金を求めます。しかしながら、出稼ぎに来る人がそんな大金を持っているはずもなく、労働者は何十万というお金を借金しシンガポールに来てから自分が働いて得たお金で払っていきます。
そのため、シンガポールに来てから半年〜1年は、自分の給料のほとんど(必要最低限以外)をその借金返済に使うそうです。つまり稼ぎが出るようになるのはその後ということになり、多くの出稼ぎ労働者はそれまで我慢して働きつづけるのです。(そして家族に送金するためにそのまま働き続けるケースが多いそうです。)


また、一度働き始めたら働く先を変えることはできないという法律があるそうです。
最初に働き始めた会社からどんなにひどい待遇を受けても、文句を言って会社を変えることはできないそうです。
法律でそういったことが決められている為に、雇い主もそのことをいいことに労働者をいいように使います。
例えば暴力だったり、賃金不払いは結構頻繁に行われているそうです。

もし労働者がそれに対して文句を言ったり、転職を希望しようならば、強制帰国をさせられます。
そして、そうなった場合にはセキュリティーの専門の企業があり、帰国まで逃げ出さないようにと、そこの監視下に置かれるらしいのですが、そこでは刑務所のような場所に閉じ込められ、暴力を受けたり、拷問的なことをされることもあるそうです。
そのような理由から、ひどい待遇に文句を言わずに働き続ける出稼ぎ労働者がほとんどだそうです。

先日、H.O.M.E(Humanitarian Organisation for Migration Economics)という人身売買問題に取り組む団体の代表の方の話を伺いましたが、「何年か活動を重ねるうちにやっと政府側がケースバイケースで対応してくれるようにはなったが、まだ法の改正などには手が届かない状態であり、また多くのシンガポール人はこの問題をそこまで重く受け止めていないため、解決が難しい」とおっしゃっていました。


3〜4か月程前にシンガポールのリトルインディアで、バングラデシュ人による暴動が起きたように、このひどい待遇に絶えきれなくなっている出稼ぎ労働者が増えているようですが、まだまだ政府の対応は遅く、国民の関心はあまり高くはないようです。


これはシンガポールの現状ですが、日本ではどうでしょうか?
パソコンで少し「日本」「人身売買」で少し調べてみるだけでも、かなり情報が出て来ます。
私自身、あまり日本での「人身売買」問題について考えることはなかったので、ショッキングな内容もありました。


また国内だけでなくても、普段私たちが着ているもの、食べているもの、触れているものの多くは、人身売買の被害者の人達の手で作られていることが多くあります。
人身売買の被害にあう人の中には厳しい経済環境から自ら進んで売られる場合もあるようですが、大抵は強制的に売られたり(ドラッグを使われたり、親を殺害されるケースもあるようです。)だまされて売られる場合が多いそうです。

そして、売買自体はブローカーなどを介して行われる訳ですが、売られた後には多国籍企業の工場で働かされていたり先進国に売り飛ばされる場合がほとんどです。
例えば、今着ている洋服だったり、今使っているコンピューターだったり、今日飲んだコーヒーだったりが、そういった人身売買で売られた労働者の手で作られているものだったりするのです。


ちょうど1年前、2013年4月23日にはバングラデシュのRana Plazaとよばれる縫製工場などが入った商業施設が崩壊したことで少し注目を浴びましたが、こういった問題はまだまだ存在します。
個人的な意見ですが、こういった問題に対して、先進国に住む消費者して、自分が消費しているものがどうやって自分の手に渡って来ているのか、もう一回考えてみるべきだと感じます。
(これは、人身売買の問題だけではなく、環境問題や動物の虐待問題など、他の問題について考えるきっかけにもなると思います。)

先進国に住む私たちが知ること、もっとこういった問題に敏感になることで、マーケットを介してそういった問題を訴え、そこから変わることもあるんじゃないか、そういった国際協力の形もアリなんじゃないかなと思いました。
特に日本はまだまだメディアがそのような問題を大きく取り上げることも少ないので、そういった部分も少しずつ変わっていけばいいなと思ったりします。
という訳で、買い手側から考える「人身売買」問題についてお話しましたが、
IDPCでは今後、勉強会やワークショップなどで、このような問題について皆で考えていければと思っています。

私は今後残り2週間のシンガポール生活を満喫し、その後3か月ほどカンボジア(NGO)でインターンをしてから日本帰国となります。
そこからまた改めて正式なメンバーとして復帰予定ですが、カンボジアからもIDPCスタッフとして何かしら発信していければ幸いです。
長くなってしまいましたが、ここまでお読み頂きありがとうございました。
日本でみなさんにお会いできることを楽しみにしています。

IDPC2014ついにスタートしました!!

ということで、本日よりブログも復活します!

新年度に入ったというで、スタッフの自己紹介からはじめていきたいと思います!

 

第一回は私、IDPC関東の埼玉大学経済学部経営学科四年の
佐藤大恭(ともゆき)が担当致します
(^^)/

 

第四回のidpcの参加者としてIDPCに関わってから、はや一年とちょっと…

あっという間ですね~

昨年度もスタッフとして活動してきましたが、先輩方に頼ってばかりで何も出来ませんでした。なので今年は引っ張っていく立場として、これまで先輩方が築いて下さった伝統を引き継ぐと共に、新しい風を吹きこんでいきたいと思います(`・ω・´)

 

 

さてさて一回目ということで、私の興味ある分野について書きたいと思います。


―――――「
BOPビジネス」

最近この言葉を聞く機会も増えてきたのではないでしょうか。

 

BOPとはBottom(Base) of Pyramidの略で、約40億人(全人口の約70%!)いるとされる年間所得が購買力平価3000ドル以下で暮らす人びとを指します。そしてこのボリュームゾーンをターゲットとしたビジネスをBOPビジネスと言います。

 

皆さんはBOPビジネスと聞いてどんなイメージをお持ちでしょうか。


 

「ビジネスとはいえ、お金を持たない人たちからさらにお金を搾取するなんて…」

「いや貧困層の人々に消費の選択を与えることが貧困解消につながっているんだからBOPビジネスは素晴らしい」

 


それぞれ違った意見をお持ちだと思います。

私がはじめてこの言葉に出会ったのは大学の講義でした。(講義名なんだっけな?)

飽和状態の市場から新規市場開拓を目指す、企業の戦略の一つがBOPビジネスである、

おそらくこんな説明を受けました(もしかしたら違う説明をしていて自分が勝手にこう解釈してしまっただけなのかもしれませんが…)

 

これを聞いて、私はBOPビジネスに対してすごくマイナスのイメージを最初は持っていました。(上から目線の表現重々承知ですが)「なんでお金のない人たちからお金を搾取するんだろう」

 


ただ
BOPビジネスを知るうちに、そのような側面だけでなく、次のような側面を持っていることを知りました。

 

BOPビジネスは、低所得者にも購入しやすい商品を開発することで健康を改善、また新たな雇用を生み出すなどして、結果的に貧困削減に貢献している」

 

先日のIDPC同窓会でご講演頂いた英治出版、高野氏編集の『ネクストマーケット』はその側面をまとめた代表作品ではないでしょうか。(私も今読んでます)

 


もちろんまだまだ上記以外の側面もあると思います。

それに上記著書の内容すべてを鵜呑みにしているわけではありません、
疑問を感じる点もあります。ただこういう新しい側面を発見するとBOPビジネスへのイメージが変わって今では肯定的にとらえることができています


今はビジネスと開発が注目されていて、いわゆるホットな話題ではありますが、この先どんな動きが出てくるのでしょうか?そんなことを考えながら
BOPビジネスについて勉強しています(^^)

 

私の関心ある分野、こんな感じですかね、うまくまとまってないんですが…

 

最後に、私たちIDPCは分野は違えど、国際開発に関心ある若者が集まるプラットフォームとなるべくワークショップやコンテストetcの活動を行っています。

 

私自身この団体での活動を通じて国際開発さらにはBOPビジネスの知識や理解を深めています。

もちろん自分の興味ある分野ではない内容を扱うこともありますが、どんな内容でも、

必ずつながっていて、新しい気付きをもたらしてくれます!

(今まであまり興味のなかった分野について学んでみると意外と面白かったり…)


こんな活動をしている団体ですが現在スタッフ絶賛募集中です!!
一緒に活動しませんか!?

 

 

おっと、最後は勧誘っぽくなっちゃいましたね、、、

でもホントに募集しています(゚∀゚)()

 

興味ある方は下記まで連絡ください↓

idpc.jp@gmail.com

 

長くなりましたが最後までお付合い頂きありがとうございます。

今週はこの辺で、よい週末をー!!!

2月21日に無事、「第5回国際開発プランニングコンテスト」が終了しました!!

大阪会場でスタッフをしておりましたアメリこと、吉川智美です。
コンテストの閉会式では、参加者全員に一言一言、4日間の感想を話していただきました。
それを聞いて、ほんとうに感無量でした!



コンテスト直後に、参加者にお伝えしたメッセージ。恥ずかしいくらい、感情こもってますね(/ω\*)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コンテストほんと~にお疲れ様でした!
怒涛の4日間でしたね。

最後一人一人の感想を聞いて、本当に感動しました。

開発プロジェクトという「一つのもの」をチームで生み出すなかで、自分との違いを実感したり、考えや価値観とかすり合わせるためにもどっかしい想いをしたり、自分の力不足を感じたり…

みんなたくさんの気づきや刺激をもらったようで。
それがみんなのやる気や「向上心」向上のサイクルにつながって、夢や目標、ぼんやり抱いている思いの実現に役立つのかなと思うと、

本当にやれてよかった!

と思います。
私もたくさん刺激をいただきました。
「夢の実現に向けて前に踏み出そう」としている同世代の友達がいる!!
って私には貴重です。正直周りにあんまりいませんから。
私も自分の夢を、「夢見る」段階から「実現する」段階に歩を進めていきたい。
みんなを見てそう思いました。

みんなにあえてよかった!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

IDPC関西スタッフは毎週ほとんど全員参加の熱心さで、一緒にコンテストやワークショップの準備をしてきました。みんなこのIDPCの活動で知り合った方々です。

そのうちの2人は就職、1人は大学院進学で名古屋へ引越し。
もう毎週みんなに会えないのかと思うと、ほんとうにさみしいです。

もういちど、言います。

みんなにあえてよかった!


アメリ(吉川智美)


【IDPCは現在、新年度スタッフを募集しています!】

私たちと一緒に、国際開発を志す仲間が集まり、切磋琢磨しあう場をつくりませんか?

IDPCは関東、関西2つの支部で活動中です。
関東は東京で、関西は大阪・京都で、毎週一回ミーティングを行い、
国際開発プランニングコンテストやワークショップを企画しています。
(前年度:木曜、本年度:曜日未定)

▼詳細はこちら
http://idpc.weblike.jp/top/?page_id=124
ぜひご応募ください!


プロフィール
HN:
IDPC
HP:
自己紹介:
こんにちは、IDPCです。

2014/2/18-21
第5回 国際開発プランニングコンテスト
開催決定★
.
Twitter ブログパーツ
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © IDPCスタッフブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]