忍者ブログ
IDPCは、「国際開発を志す若者の為のプラットフォームとなる」ことを目指し、 国際協力を志す方に、必要な能力や視座を学ぶ機会を提供する学生団体です。http://idpc.weblike.jp/top/
[108] [107] [106] [105] [104] [103] [102] [101] [100] [99] [98]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日のミ‐ティングは非常に価値あるものだったと思う。
今さら…と思うかもしれませんが今日、idpcはこれからのidpcについてメンバー同士で意見を交わしあいました。真剣に。

idpcは一つの組織です。組織に属するという事は、メンバーそれぞれが権利と義務を負うという事です。
それではidpcにおいての我々の権利と義務とは何なのでしょう?

権利は、興味のある国際開発にidpcのメンバーという形で関わるという事でしょうか?またidpcという組織を動かしていくこと自体も我々の権利かもしれません。そこら辺は個人個人で違うかもしれませんが、特に問題ではありません。
それでは、idpcにおける義務とは何なのでしょうか?今日はこの部分についてメンバー内で意見を交わすことができたのかと思います。

さてさて、この権利と義務とやらについて自分なりに考えてみました。

まず間違いなく、自分自身はこのidpcという団体に所属したことで多くの利益を得ています。第一に現メンバーに出会い、一緒に活動できること。これはじぶんが思っている以上に大きいのではないかと・・・。何より自分は彼らによって成長させてもらっているのだと思っています。ホントに感謝しています。
これが自分にとって一番の権利ですかねー。
そして、コンテストを成功させる為に全力を尽くす事、これが最大の義務だと思います。idpcは団体として、『国際開発分野の活性化と人材の育成への寄与』を理念にかかげています。そしてidpcはその手段として国際開発プランニングコンテストという形をとりました。ですから、まずなによりも自分はこのコンテストを成功させる事が一番の義務だと思います。その為に全力を尽くします。

と、マァこんな感じです。。。
当たり前の事を書きやがって!と思う方もいるかと思います。でもその当たり前に気づくことが一番難しい。それに実際、この答えが正しいというわけでもない。

ん~まとめられそうにないですが、とりあえず今日気づいたこと。
人間は権利と義務を負うわけですが、その義務とやらを楽しむ事が出来たら、人生がより楽しくなるのかと・・・。 なんちゃってね(笑)
あれ…?なんか言いたいことがありすぎて、書ききれんし、なんだか飛んでいる(笑)

まあ大丈夫!きっと伝わる!
要するにidpcはこのコンテストに全力を尽くすし、参加者の皆さんが大満足するコンテストが一ヶ月後に待っている!!という事です。きっと。


コンテスト本番が待ち遠しい、みつるより
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
なんだか、簡単なことを難しく考えているのかなという感じがしました。
先に見えてるものって、意外とシンプルなものだったりしますよね^^
misa 2011/01/30(Sun) 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
IDPC
HP:
自己紹介:
こんにちは、IDPCです。

2014/2/18-21
第5回 国際開発プランニングコンテスト
開催決定★
.
Twitter ブログパーツ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © IDPCスタッフブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]