忍者ブログ
IDPCは、「国際開発を志す若者の為のプラットフォームとなる」ことを目指し、 国際協力を志す方に、必要な能力や視座を学ぶ機会を提供する学生団体です。http://idpc.weblike.jp/top/
[53] [52] [51] [50] [49] [48] [47] [46] [45] [44] [43]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

かいやです。
 
今月頭に行われた模擬コンの報告と感想を。
 

+ + + + + + + + + +
模擬コンは1泊2日で行われる、いわゆる「スタッフによる模擬コンテスト」で、本番前に仮の途上国のケースを使って実際にプランニングコンテストを行い、更なる改善を目的として行われる活動です。
 
オリセンで、がっつりやってきました。
idpcのすごいところは(自分でいうか!)、ガチでやること。
 
 
え?
スタッフなのに?

 
うん。
関係ないよね。というか、私一睡もしませんでしたが何か?
しっかりと勝敗もつけました。
 
メンバー間でフィードバックも行い、相手の良いところは褒める、欠点はいう。
そんな1泊2日を過ごしてきました。
 
 
最終日は、皆でビリヤードへ。
さっきまで「ロジックがさー」なんていっていたメンバーと
 
イエーーーーーイ!ミラクルーーー!!!!!
 
とか、叫んでました。笑
 
重要なのは「オンオフ」というわけで。
この模擬コンテストを通して、そんなidpcスタッフの一面が見えた気がします。
 
 
それと、実はこんな2日間を通して、idpcとしてどのように活動していきたいか、どんな風に影響をあたえたいかが私の中で見えてきました。
 
ずばり
 
「ESがCSへ」
 
私の好きな経営学用語なのですが、Employee Satisfaction(従業員満足度) が Customer Satisfaction(顧客満足度)へ、ということです。
 
これはちゃんと学術的にも証明されていることで、従業員の心が充実することで、パフォーマンスもあがっていくよ。という。
 
idpcもコンテストの成功という責任や成果だけに縛られず、
 
「スタッフ全員が信頼感と使命感を持って活動し、
それがコンテスト全体の向上につながる」
 
そんな組織を目指したいなぁ。

 
そのためには、まず自分でidpcを楽しむべし!
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
IDPC
HP:
自己紹介:
こんにちは、IDPCです。

2014/2/18-21
第5回 国際開発プランニングコンテスト
開催決定★
.
Twitter ブログパーツ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
最新コメント
カウンター
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © IDPCスタッフブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]